2021年9月2日 (木) 13:00 ~ 14:00P1-3P&B/PFI セミナー会場

防災食についての考え方〜ローリングストック基礎から実践~

食材を少し多めに買っておき、普段から使い回しながら災害に備える「ローリングストック」。非常食を特別なものとして準備しておくと、備蓄したまま賞味・消費期限が切れてしまい、廃棄せざるを得なくなる場合もあります。ローリングストックであれば、食材を無駄にしないで普段の食卓に並べることができ、フードロスを防ぐことができます。また、非常時にいつも食べ慣れた食べ物があるだけでも、ホッと安心できるものです。
普段の買い物で、使ったものを買い足すだけで防災対策を習慣化できる点がローリングストックの大きな特徴です。「何を買っておけば良いの?」とよく聞かれますが、その答えに正解はありません。どれだけ備蓄に適した食材であっても、好みの味でなかったり、上手に調理できなかったりすれば、そのご家庭におすすめの備蓄食材とはいえないからです。
ローリングストックでは、“備える”ことに目が行きがちですが、“上手に食べる”ことがとても大事です。ローリングストックで賞味期限切れやフードロスを防ぎ、無駄なく活用し、おいしくしっかり災害に備えるためのコツをご紹介します。食べたら買い足す習慣で、どんなときにも「大丈夫」と言えますように。

株式会社オフィスRM
代表取締役
今泉 マユ子 氏
1969年徳島市生まれ、横浜市在住。1男1女の母。
管理栄養士、防災士、調理師、食育指導士、野菜ソムリエ、エコ・クッキングナビゲーター、水のマイスター、日本災害食学会災害食専門員など多くの資格を持ち、2014年に管理栄養士の会社を起業。レシピ開発を行い、防災食アドバイザーとして全国で講演、講座を行う。東京消防庁から感謝状5枚拝受。「レトルトの女王」「缶詰の達人」「保存食の達人」などと呼ばれ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、WEBサイトなどで活躍中。「もしもごはん」「親子で学ぶ防災教室」ほか、著書多数。
株式会社オフィスRM:https://office-rm.com/
オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/gogoshokuiku/