1-063 802. 11ah 推進協議会・一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
WJ

IEEE802.11ahとWi-Fi6、00000JAPANの最新動向や端末、デモンストレーションを御案内します

当ブースでは802.11ah推進協議会と一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会(WiBiz)共同でWi-Fiに関する最新の動向をご案内します。
IEEE802.11ahの特徴やユースケースをご案内するほか、同規格対応製品のご紹介と、実機でのデモンストレーションを実施します。またWiBiより会員企業のWi-Fi6対応製品のご紹介と、00000JAPANをご案内します。
ぜひお立ち寄りください。

広域無線ネットワーク関連IoT、エッジコンピューティング関連
小間番号 1-063
住所 〒101-0032東京都東京都千代田区岩本町3丁目2-4 岩本町ビル2階
TEL 03-5809-2848
FAX
ホームページURL https://www.11ahpc.org/index.html
企業動画URL

セミナー

2021年6月4日 (金) 11:00 ~ 11:30A3-1セミナー会場 A

IoTに新たな革新を「IEEE802.11ah」の取組

IEEE802.11ah(Wi−Fi HaLowTM)は、920MHz帯の周波数を利用する通信手段のひとつで、特にIoT の通信システムとして様々な分野で活用が期待される、新しい種類のWi−Fi規格です。「Wi−Fiの伝送距離が拡大」「端末・アクセスポイント・クラウドまでエンドエンドでユーザが自由にネットワーク構築可能」「フルオープン・IPベースのWi−Fiファミリー」「数Mbps程度のスループット」という特徴を持っています。
本講演では、同規格の特徴を解説するとともに、実験試験局免許を活用した伝搬試験の結果、想定されるユースケースを通じてIEEE802.11ahによる社会や課題の解決の可能性を紹介すると共に、国内利用開始に向けた協議会の活動状況などをご紹介します。

802.11ah推進協議会
副会長
鷹取 泰司 氏
詳細を見る

製品・サービス

802.11ah推進協議会

「802.11ah推進協議会」は、現段階では国内で利用できない同規格の利用実現に向け、実験局免許を取得しだい速やかに国内初となる試験を予定するなど、技術検討、実証実験、情報収集、関係機関への働きかけ及び普及促進活動等を推進する団体です。
<活動目的>
(1) IEEE802.11ahの国内利用実現に向けた技術検討、実証実験、情報収集、関係機関への働きかけ及び技術的及び商業的普及促進活動
(2) その他、IEEE802.11ahの国内利用実現に向け運営会が必要と認める活動

一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会【WiBiz(ワイビズ)】

一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会は無線 LAN に関係する企業・団体等全体での普及促進・課題解決を行うことを目的とする団体です。
<活動目的>
(1) 無線 LAN を便利・快適・安心・安全に使っていただくための普及活動
(2) 公衆エリア・家庭・オフィスにおける無線 LAN の普及促進
(3) この法人の会員が直面する横断的な課題の解決
(4) 災害時対応等、会員間での連携・協調が可能で有用な取り組み
(5) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

00000JAPAN

平成23年に発生した「東日本大震災」の教訓を元に、一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会では災害時に公衆無線LANを無料で開放する活動を推進し、平成26年4月に「大規模災害発生時における公衆無線 LAN の無料開放に関するガイドライン」を制定・発表致しました。その中で特に、災害用の統一 SSID「00000JAPAN」を普及させていくことは、国民の防災・減災に寄与することは勿論のこと、訪日外国人旅行者の災害時における利便性・安全性確保等に繋がることから、その普及に努めています。