1-082 ZETAアライアンス
WJ

【ZETAアライアンス会員企業の共同出展!】様々なZETA関連機器やソリューションが集結します!IoTの課題解決や新規事業検討など皆様のご興味にお応えします。皆様のブースご来場をお待ちしております。

ZETAは、ZiFiSense社が開発したIoTに適したLPWAN通信規格で、超狭帯域による多チャンネルでの通信、マルチホップ・メッシュネットワークによる分散アクセス、双方向での低消費電力通信などの特長を持っています。
ZETAアライアンスは、ZETAをさまざまな社会課題に対して適用を進めることにより、Society5.0で提唱されている超スマート社会の実現に貢献します。

広域無線ネットワーク関連IoT、エッジコンピューティング関連ワイヤレス×デジタル変革ソリューション
小間番号 1-082
住所 〒2220033神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6  アイティアクセス株式会社内  ZETAアライアンス事務局
TEL 045-474-9095
FAX
ホームページURL https://japan.zeta-alliance.org
企業動画URL https://youtu.be/DSEYfLmcjDU

セミナー

2021年6月2日 (水) 13:50 ~ 14:20B1-3セミナー会場 B

農業ICTの最新活用事例と今後の展望

人手不足や高齢化が課題となっている生産現場では、新しい省力化農業や消費者ニーズに基づいたマーケットイン農業が必要となってきます。
これらの新しい農業をサポートする「畑アシスト」と最先端技術を活用したNTTドコモの取り組みについてご紹介いたします。

株式会社NTTドコモ
スマートライフ推進部
田村 桜子 氏
詳細を見る
2021年6月3日 (木) 13:50 ~ 14:20B2-3セミナー会場 B

LPWA ZETAを活用したDXの実現 ~サーバー/アプリケーションの観点から~

DXの推進に注目されている現在、多種多様な技術を用い、企業の課題解決や優位性の創出が求められています。
弊社はLPWA規格の1つであるZETAにおいて当初からZETAクラウドサーバーの運営に携わっており、数々のアプリケーションやサービスの開発にご協力してきました。本講演ではこれまでのノウハウを元にZETAを活用したDX事例のご紹介と、今後のサービス展開についてお話いたします。

アイティアクセス株式会社
取締役
澤村 宗仁 氏
詳細を見る
2021年6月4日 (金) 13:50 ~ 14:20B3-3セミナー会場 B

ZETAの最新適用事例のご紹介

2018年に日本に上陸したZETAがいろんなところに使われ始め、UNB、マルチホップ、マルチプロトコル、双方向通信などの強みを生かしながら、スマート農業、スマートビルディング、スマート物流、スマートファクトリーなどの分野に活用し始めました。本講演では、ZETAを利用した国内外の最新事例をご紹介します。

株式会社テクサー
代表取締役・代表理事
朱 強 氏

1998年3月、大阪大学基礎工学部情報科学科卒業。2000年3月、奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科修士課程修了。2000年4月から2016年9月まで、富士通研究所、米国のケイデンスデザインシステムズに勤務。2016年10月に株式会社テクサーを創業、代表取締役CEOに就任。2018年8月、ZETAアライアンスの代表理事に就任、2019年4月にはZETAアライアンス中国の理事に就任。ZETA LPWAのグローバル展開に取り組んでいます。
詳細を見る

製品・サービス

ZETAアライアンス

ZETAアライアンスは、LPWA通信方式の「ZETA」をさまざまな社会課題に対して適用を進めることで、 Society5.0で掲げられている超スマート社会の実現に貢献することを目指して活動しています。

デバイス開発、システムインテグレーション、クラウドサービス、アプリケーションなどのプラットフォーム開発を会員が連携することでビジネス展開を加速して参ります。

2021年5月12日現在、114組織(100社14団体)の会員数となっており、年々、その規模は大きくなっております。
ZETAの通信技術からソリューションまで様々な情報提供やセミナー開催のほか、会員間のビジネスマッチングなどZETAの利活用を推進しております。

ZETAは、2013年に英国ケンブリッジで創業された、ZiFiSense Info Tech Co., Ltd.(ZiFiSense社)が開発したLPWAN(Low Power Wide Area Network)の通信方式で、
(1) 超狭帯域(UNB: Ultra Narrow Band)により多チャンネルでの通信が可能 (2) メッシュネットワークによる広域での分散アクセスが可能
(3) 双方向で低消費電力通信が可能
といった優れた特徴を持っており、これからのIoT社会に適応する通信インフラ技術です。
コスト面でも初期費用・ランニングコストともに低く抑えられることができ、導入が容易という点でも メリットがあります。

展示ブースでは、ZETAアライアンス会員企業のZETAを活用する様々な機器やソリューション、サービスをご提案いたします。

是非ともブースにお立ち寄りください。