Cornes Technologies Ltd.
WTP

5G・beyond 5G・6G向け電波計測ソリューション

コーンズテクノロジー株式会社とコーンズRFエンジニアリングは、「5G・beyond 5G・6G向け電波計測ソリューション」をテーマにした共同ブースを出展致します。
電波計測に必要不可欠なコンポーネント、信号発生器、スペクトラムアナライザをはじめ、電波暗室含めた測定システム、弊社設備を利用した測定代行サービスを提供致します。

Short-range wireless network relatedWide area wireless network relatedSolutions for carriers
Address Cornes House 4F, 5-1 Shiba 3-chome, Minato-ku,Tokyo 105-0014 Japan
TEL 0354277566
FAX 03-5427-7572
Site URL https://www.cornestech.co.jp/
Company video URL

Products / Services

5G NR OTA Measurement System

5G対応のデバイスが急増しています。5Gでは、新しい周波数や帯域の広い変調波の試験が必要になり、ミリ波帯では、ビームフォーミングやアレーアンテナなどの高度な技術が必要になります。5G用端末は、アンテナ端子がない製品が多く、OTA試験が必須です。OTA試験には、DirectFarFiled(DFF)やCompactAntennaTestRange(CATR)などの試験方法があり、当社の計測システムは、既存の電波暗室や電波暗箱に設置できるDFFに対応したOTA試験設備です。
NSA(NonStandAlone)のFR1/FR2だけでなく、SA(StandAlone)にも対応したOTA試験が可能です。

Reverberation chamber RTS85HP

IoT・コネクテッドカーにおける無線デバイス・無線通信は多様化と共に増えており、それに付随する形でデバイス・通信の機能性・パフォーマンスの保証が求められております。
Bluetest社のリバーブレーションチャンバーは、無線デバイスに対し、マルチパスフェージング環境を再現します。

RTS85HPは、3GPP TS 38.141-2で規定されているリバブレーションチャンバーです。67GHz、100W(TRP)まで対応します。パワー、ACLR、スプリアスエミッション測定が可能です。
RTS95/85は、車載無線デバイス、大型のIoTデバイスのTRP・TIS・スループット(Active)、AntennaEfficiency・DiversityGain(Passive)の測定をマルチパス環境で評価可能なため、既存の暗室・ドライブテストによる評価方法と比較して時間・コストの削減を実現します。

Nanoweb 透明導電性フィルム

半導体製造に使用されるフォトリソグラフィを応用し、500nm幅のメタルメッシュを軟質PETフィルムやガラス、サファイアガラスなどの硬質基材の上に構築する技術です。この線幅は人間が認識できないほど細いため、透明度を保ちながら、基材に導電性を持たせることが可能です。
この導電性により、例えば透明なヒーターとして、あるいは透明なEMIシールドとしてご使用いただけます。
透明度はメタルメッシュの密度との兼ね合いもありますが、99%以上を実現可能で、抵抗値は1-10Ω/㎡です。

用途の例は下記の通りです。

①透明アンテナ
透明なアンテナを作ることができます。車両やビルの窓、フロントガラスやサンルーフにつけることができます。ドライバー、同乗者その他の視界を遮ることはありません。
NanoWebアンテナは100MHzから77GHzまで対応可能で、携帯電話やデータ通信の通信品質向上、テレビ・ラジオ信号の受信、自動運転車の通信システムにご使用いただけます。

②透明EMIシールド
NanowebはEMIシールドとしても前例のない効果を発揮します。
「隠された」ジャマーシールドとして、また危険な電磁波放射から人、部屋、車体、機器、さらに情報やデータの防護としてご使用いただけます。EMIシールド効果(30-70dB)を可能にし、同時に高い透明度(88-99%)を実現します。

③透明ヒーター
Nanowebはゴーグルやフロントガラス、航空機、UAV、船、車などへの透明ヒーティング層としてご使用いただけます。氷結防止と曇り止めの機能を付加し、なおかつ完全な視界を維持できます。衝突防止センサーや自動運転車のセンサーなどの上に氷が張ってしまうのを防ぎます。