English
 
B02 【Wi-SUNアライアンス】京都大学/日新システムズ
WJ アポイント受付中 オンライン商談可

純国産の次世代国際標準のLPWA無線通信プロトコル/無線機/GW

Wi-SUN FAN(Field Area Network)は日本発祥でIEEE、IETFなどの標準規格を基にオープンな国際標準の無線通信規格として策定されている。京都大学/日新システムズは2015年から共同で研究開発を推進。2019年にWi-SUN FAN 1.0認証の第1号を取得して無線機およびゲートウェイ製品をリリース。ベンダロックインを解消して長期運用が可能な製品および技術を出展する。

近距離無線ネットワーク関連ワイヤレス×デジタル変革ソリューション通信事業者向けソリューション
小間番号 B02
住所 〒6008482京都府京都市下京区綾堀川町293-1堀川通四条ビル
電話番号 0753447882
FAX
ホームページURL https://www.co-nss.co.jp/
企業動画URL

製品・サービス

Wi-SUN FAN 100台実証システム

名刺サイズのUSB基板型無線機製品を100台単位で増設可能なWi-SUN FAN実証システム。数百台以上のシステムを実際に構築して大規模・高密度の環境においても安定して接続、通信するのための研究開発とフィードバックにも活用している。共同開発のWi-SUN FANが大規模・高密度環境にもおいても安定した接続、通信を実際に展示する。

Wi-SUN FAN IoTゲートウェイ

Wi-SUN FAN、Wi-Fi、Bluetoothを具備するIoTゲートウェイ。Linux OSを搭載してWi-SUN FANを介して、Wi-Fi、Bluetooth機器とのゲートウェイ通信が出来る。

Wi-SUN FANセンサゲートウェイ

Wi-SUN FANおよびBluetooth、4-20mAインタフェースを4chB搭載。Bluetoothセンサ機器、4-20mAの各種デバイスのセンサデータをWi-SUN FANマルチホップ無線により集約が出来る。