English
2022年5月26日 (木) 15:20 ~ 16:00K2-5基調講演会場(会議棟)

サステナブルでWellbeingな社会の実現に向けて

新型コロナウイルス感染症拡大や気候変動のグローバル・アジェンダによって社会・経済環境が急激に変化し、モバイルネットワークや先進テクノロジーによる社会全体のデジタル変革へのニーズが高まっています。2020年3月に商用開始したドコモの5G回線契約は1000万を超えました(2022年3月時点)。また、5Gの高速・大容量、低遅延の特徴を活かした、4K/8K映像伝送やXRのユースケースが法人のお客さまに拡がっています。今後、モバイルネットワークは、エンドーエンドでの安定した低遅延を提供するMECの強化、ワンクリックでお客さまのニーズにあったネットワークにカスタマイズできるスライシングの実現、複雑化するネットワークを柔軟かつ効率よく運営するための装置間インタフェースのオープン化やオペレーションの高度化、カーボンニュートラルに向けたグリーン化、そして203X年代のユースケースの実現に向けたBeyond5G/6G化など、日々進化していきます。また、メタバース(XR)やAIを活用したさまざまなソリューションも現実のものとなりつつあります。将来のサステナブルでWellbeingな社会の実現に向けて、デジタルによる人に寄り添った新たな価値を創出する、次世代ネットワークや新たなライフスタイル創造の取組みを紹介します。
株式会社NTTドコモ
常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長
谷 直樹 氏
1989年日本電信電話(株)入社。移動通信用交換機・サービス制御装置等の実用化開発、移動通信用ネットワークアーキテクチャ・通信制御方式の国際標準化、国際ローミングに関する技術交渉、国内外の研究開発連携等に従事。2011年7月より関西支社ネットワーク部長としてLTEネットワークの構築拡大・品質向上に従事。2014年6月よりM2Mビジネス部長、2015年7月よりIoTビジネス部長として、IoT事業の推進を担当。2020年6月より現職。