English
2022年5月27日 (金) 10:40 ~ 11:20K3-1基調講演会場(会議棟)

社会課題対応に向けて大きく舵をきる5G、Beyond5Gの課題 -都市・僻地、カーボンニュートラルとの関係-

IoT、スマートシティ等を対象とした5Gの展開は、2030年以降を展望した社会課題との関係をより深め、Beyond 5Gは自身の環境対応と社会課題解決の両方をにらんだ動きを見せつつある。衛星による僻地カバー、カーボンニュートラルへの取り組み、高齢化・人手不足を背景とした遠隔操縦やネットワークへのAIの組み込みなど、5Gまでの標準化・規格化とは異なるニーズ、要件への対応が求められており、テストベッドや通信以外のプラットフォーム活用が不可避となっている。大都市と山間僻地の両方をカバーする必要とカーボンニュートラルと山間僻地の組合せなど、人の密度が低いフィールドへの対応など、新たな要件と対応の方向性を探る。
株式会社野村総合研究所
研究理事
桑津 浩太郎 氏
野村総合研究所コンサルティング事業部門に所属。情報通信分野の調査、コンサルを担当。2021年より、情報通信審議会委員、B5G推進コンソーシアム・国際委員会副委員長。