T-32 仙台放送 / 日本生命 / あいおいニッセイ同和損保
TLDX アポイント受付中 オンライン商談可

目から安全運転・脳から安全運転 

東北大学と仙台放送が共同で開発した目の健康状態を判定するゲームアプリと脳を鍛えて運転技能が向上するトレーニングアプリをご紹介。
BTOCは脳科学の力を使いドライバーの「運転技術」「認知機能」「精神状態」を支援するスマートフォンアプリで、「安全運転管理」や「健康管理」など、ヘルスケア分野でのビジネスをサポートします。
仙台放送・日本生命・あいおいニッセイ同和損保による3者共同出展

安全運転・事故防止健康管理業務効率改善
小間番号 T-32
住所 〒98000宮城県仙台市青葉区上杉5-8-33
電話番号 0222671266
FAX
ホームページURL https://www.ox-tv.co.jp/brain/btoc.html
企業動画URL https://youtu.be/c9xBmrZ4qJY?list=TLGGdchgrlhqovkwNDA0MjAyNA

セミナー

2024年5月29日 (水) 16:30 ~ 17:10S1-5TLDX特別講演会場

いきいき脳体操セミナー 運転技能は脳のトレーニングで向上する?

【第一部】運転技能は脳のトレーニングで向上する
交通事故や危険運転などが社会問題となる中、東北大学の実証研究において、脳トレで認知機能などを鍛えることで全ての年齢において安全運転能力が向上することが科学的に証明されました。最新の脳科学について川島教授にご講演頂きます。講演予定時間:16:30~16:55

【第二部】運転技能向上トレーニングアプリの社会実装の具体例
「運転技能」「認知機能」「心理状態」を高めるスマートフォン用アプリ『BTOC(ビートック)』が企業・団体の「安全運転管理」や「健康経営」を含むヘルスケア領域における業務支援を
具体例をもってご紹介。講演予定時間:16:55~17:10

東北大学 加齢医学研究所
教授
川島 隆太 氏
認知症患者の脳を活性化させる「学習療法」を提唱するほか、仙台放送「テレビいきいき脳体操」などを監修。
脳活動の研究成果を新産業の創出へつなげようと尽力している。
仙台放送と運転技能向上トレーニングアプリを共同で開発し特許を取得。
現在社会実装を進める。
株式会社仙台放送
ニュービジネス事業部部長
太田 茂 氏
1974 年生まれ。福島県出身。1998 年仙台放送入社。報道部記者、制作部ディレクター、企画制作部プロデューサー、ニュービジネス事業部プロデューサーを経て、21 年から現職。
詳細を見る

製品・サービス

運転技能向上トレーニング BTOC(ビートック)

「運転技能向上トレーニング・アプリ BTOC」は、東北大学加齢医学研究所・  川島隆太教授と仙台放送が共同開発した脳のトレーニング用アプリ
1回わずか1分のゲームをすることによって脳の「運転技能」と「認知機能」と「感情状態」が向上することを実証(2019年発表の研究成果より)特許取得済み(特許6284171号)「物流業界の2024年問題」など安全管理環境が大きく変化する中、ドライバーの安全運転能力の向上、安全運転寿命の延伸を目指す。

目の健康状態を判定するゲームアプリ METEOR BLASTER VR版(メテオブラスター)

METEOR BLASTER VR版(メテオブラスターVR)は東北大学大学院医学系研究科と仙台放送が共同で開発した「緑内障の早期発見に寄与できるスマートフォン用のゲームアプリ」です。ゲーム感覚で視野の状態を確認することが出来ます。ゲーム時間はわずか5分間!楽しみながら、目の健康に対する意識付けをしてもらう事を目指しています。

関連動画

運転技能向上トレーニング BTOC(ビートック)
METEOR BLASTER VR版(メテオブラスター)